Tシャツ作成で大切なこと|オリジナルなものを作る!自分だけの体に合ったオーダーシャツの作成方法を伝授

Tシャツ作成は生地素材選びと業者選びがなによりも重要

Tシャツ作成で大切なこと

洋服

Tシャツの生地素材選び

オリジナルTシャツを作成する前に、Tシャツの生地素材について学んでおきましょう。素材によって着心地や通気性は大きく変わります。代表的な生地素材には、コットン・ドライ・メッシュの3つがあります。最もよく使われる素材がコットンです。安定した着心地で、丈夫なことが特徴です。丈夫なので洗濯をしても型くずれしません。また、他の素材に比べても安価で注文することができます。2つ目に人気の素材がドライです。ポリエステルを使った素材のことをいいます。通気性が良いことが特徴で、吸収した汗もすぐに乾きます。これらの特徴から、体育祭のクラスTシャツや、スポーツジムのオリジナルTシャツによく使用されます。運動するには最適の素材です。3つ目の素材がメッシュです。別名、鹿の子とも呼ばれます。ポロシャツに多く使われている素材です。コットンとポリエステルを混ぜていてサラッとした着心地が魅力です。通気性があり丈夫なためメッシュ素材のTシャツも運動時には最適といえます。

Tシャツ作成の業者選び

Tシャツ作成は、業者選びも重要です。業者によって納期やTシャツのクオリティ、サービス、料金が変わります。信頼できる業者は、実績・自社工場・対応の3つのポイントをみて判断することができます。始めにチェックするポイントが実績です。やはり、実績が多いTシャツ作成業者の方が信頼できます。いままでどれほどのTシャツを作成してきたか、周りの評判はどうか、という点をチェックしましょう。次に自社工場があるかどうかを確認します。自社工場を持っている専門業者は、納期を早くすることができます。繁忙期でも短期間での納期が期待できます。3つ目のチェックポイントは、対応についてです。電話や店頭で相談したときに、しっかりと相談内容に対して提案やアドバイスをしてくれるかチェックしましょう。依頼者と業者間の距離が近く、依頼者の希望を細かく聞き出してくれる業者はあなたの理想に合った満足いくTシャツを作成してくれるでしょう。

Tシャツ作成業者で作成できるもの

  • Tシャツ
  • 長袖Tシャツ
  • パーカー
  • スウェット
  • パンツ
  • つなぎ
  • ブルゾン
  • 襟付きシャツ
  • キャップ
  • ビブス

Tシャツプリントで必要なシルクスクリーンとインクジェットの違い

シルクスクリーンプリント

シルクスクリーンプリントはオリジナルの版を作って生地に刷っていくプリント方法です。耐久性や仕上がり具合が良く、様々なインクを使うことができます。しかし、色数が多かったり枚数が少なかったりすると一枚あたりの料金が高くなります。

インクジェットプリント

インクジェットプリントは、生地にインクを塗布していくプリント方法です。着心地が柔らかく色のグラデーションも自然になります。しかし、ポリエステル製品にはプリントができず、デザインの画質が低いと荒れてしまうデメリットもあります。